通信制サポート校という通信制高校のための塾

7月 22th, 2013

今回は、先日知り合いの経営者とお話した時に、最近とてもマーケット規模が伸びているワードとして、通信制サポート校について調べました。

以前から通信制高校は広告マーケットが大きかったのですが、最近は通信制サポート校が伸びているという話を聞き、リサーチしました。


通信制サポート校とは

通信制サポート校は通信制高校と同時に入学することで、高校卒業資格を得ることができるコースや、高卒認定が必要な受験過程を目標とするコース、あるいは、専攻のみの取得コースなどいろいろなコースがあります。

ただし、学校教育法で「高校」として許可を受けていないので、サポート校に入学するだけでは高校卒業の資格を取得することができません。結局、高校卒業の資格を取得するには、通信制高校と同時にサポート校に入学する必要があるのです。現在、全国でおよそ200校をあると言われるサポート校ですが、予備校や学習塾、専門学校など、それぞれのカラーを活かして様々なノウハウで運営されております。

一方、通信制高校では、レポートとスクーリングがありまして、レポートとは各学校が決めた回数のレポートを提出してからそれぞれ添削を受けます。全ての学生がすんなりレポートや試験をクリアできれば良いのですが、中々現実は甘くありません。

多くの学生が授業についていけなくなるとのことです。その一つの問題として、以前は教科書で勉強し、課題をレポートして郵便で送るという流れでしたが、近年では、 e-learning というインターネットでの学習を実施している学校も多くあります。オンラインでの学習だと、その場で先生に聞けるわけでもなく、ただでさえ授業についていけるかどうかやっという中なので、試験にパスすることは大変難しいと言えます。

そこで登場したのが通信制サポート校というわけですね。

※スクーリングについて:毎日の自学自習の中でどうしても理解できないところや、わからないところなどを登校した時に先生に質問ことがありますが、こうした直接指導のことをスクーリングと言います。学校によって大きな違いがあるのがスクーリングで、基本は月2回程度が主流ですが、毎日登校したり、あるいは年5日程度、合宿による集中スクーリングまであり、その形は学校によって様々です。
  

通信制高校とよく似ていますが、要するに通信制高校に通うのをサポートする塾として位置づけで、これは塾なのでやはり学費も高く、結果マーケット規模が伸びているようにことのようですね。

中々面白い分野だと思います。

投資信託の分類方法比較のリサーチ結果

6月 28th, 2013

今日は投資信託のお話です。 今回は投資信託の分類方法についてリサーチしたのでその情報について説明していきます。

投資信託は設定された場所、その運用や分配の方法、投資対象などによる分類法があります。

設定された場所による分類方法
投資信託のうち日本で設定されたものを国内投信、国外で設定されたものを外国投信と呼びます。この分類方法は「どこで設定されたか」という基準で分類するものであるため、外国で設定された日本の株への投資は外国投信として扱われます。一般に、外国信託は為替の影響を受けるためハイリスクハイリターンだといわれています。

投資する対象による分類方法
投資信託は、なにに投資するかということによっても分類することができます。 株式投資信託と公社債投資信託です。 株式投資信託は株式に投資をすることができます。これはさらに国内の株を扱う国内株式型、主に海外の株を扱う国際株式型など投資対象によって細かく分類されます。一方、公社債投資信託は国債などの公社債に投資するもので、リスクが低く安定した運用が期待できます。また追加設定ができないため、元本割れへの注意が必要です。

運用の仕方による分類方法
運用の仕方による分類では、運用に対して積極的であるものをアクティブファンド、運用の際に指数に連動させるものをパッシブファンドと呼びます。アクティブファンドはその名の通りアクティブに、利益がいくら上げられるかということに注目するのに対し、パッシブファンドは指数と同じ動きをすることに注力します。


利益分配による分類方法利益分配方法では、投資信託を二つに分類することができます。決算日に分配金が投資した人に分配されるものを分配型、利益を分配せずにまた新たに投資にあてるものを無分配型と呼びます。しかし、利益が支払われる際には税金が発生するため、少しでも利益を上げようとする投資家は無分配型を選ぶことが多いです。

参考:投資信託の分類方法等、情報の比較をするなら、投資信託比較.netがわかりやすいです。
分類方法についても詳しく説明されています。